福岡県(福岡市・北九州市)のトイレつまり・水漏れ修理は低価格|水道屋 あんしん水道サービス|

年中無休で福岡県の水まわりお困りごとサービスを行っています。迅速で丁寧な作業を行います

HOMEブログ ≫ 春日市のトイレ水漏れはボールタップとフロートバルブを交... ≫

春日市のトイレ水漏れはボールタップとフロートバルブを交換しました!

1
春日市のお客様より、トイレの水が便器に漏れているので修理の見積もりをして欲しい!と言うご連絡を頂きました。
早速現地にGo!

春日市のトイレつまり・水漏れ修理専用ページ

途中、事故があったようでかなり渋滞をしていました。お客様には30~40分くらいで到着する予定とお伝えしていましたので
これは間に合わないな~と今一度時間の変更をお願いする為にご連絡しました。

「・・・・お出にならない・・・」

携帯電話の電話番号をお聞きしていましたのでそちらに電話をしましたが、時間をおいて3度程鳴らしましたがいつまでも続くコール。。。これはマズいな~
と思いながらもノロノロ進んだかと思えばまたストップ3分。。ノロノロ3メートル進んだかと思えば2分ストップ・・。ダメだこりゃ。泣

そうこうしていると、お客様から着信!
「すみません。いま渋滞につかまっていて、予定より20~30分程遅れるかもしれません」
お客様「あ~全然大丈夫ですよ。気をつけて来てください」いい人だ!

どうにかお客様のお宅に到着。「申し訳ありません。途中事故で渋滞していたもので・・・」とご挨拶をし、早速、トイレ水漏れの状況を確認させて頂きました。

トイレ正面の小窓の縁にマイナスドライバーがありましたので止水栓を締められたのだろうな~~と勝手に想像しながら私も一旦、トイレタンク横の止水栓を締めます。
トイレタンクレバーを引き、一旦タンク内の水を全て流し、水の溜まり方を確認。。。う~~ん確かに便器に流れる水の止まりが悪いです。
さらにトイレタンクのオーバーフロー管に水位が到達しましたが、ボールタップの弁はまだ閉まりそうにありません。
 

トイレ水漏れ原因はボールタップの故障と判明!

お客様にトイレの使用年数を確認すると23年と言う事、それまでにトイレの修理履歴はないので当時のまま使用されている様です。

ボールタップは完全に故障しているので、ボールタップの交換をご提案、そして、オーバーフロー管に水位が到達する前に止水栓で強制的にタンクに供給される水を止めて確認したのですが、それでも便器の方に水が漏れています。
この事からフロートバルブと言うトイレタンクの”栓”も悪い事が判明。

ボールタップとフロートバルブの交換が必要と診断しお客様にご提案させて頂きました。「もともと便器を変えないといけないかと思っていたので、部品だけの交換で終わるなら費用も安く済んで有難い」

と言う事で、承諾を頂き修理を開始しました。在庫で持っている部品なので30分程で修理完了しお客様にご確認頂きました!

トイレ水漏れもバッチリ止まり修理完了。

ご利用ありがとうございました!
 
2019年04月23日 08:22

サイドメニュー

ブログカテゴリ

モバイルサイト

あんしん水道サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら