福岡県(福岡市・北九州市)のトイレつまり・水漏れ修理は低価格|水道屋 あんしん水道サービス|

年中無休で福岡県の水まわりお困りごとサービスを行っています。迅速で丁寧な作業を行います

HOMEブログ ≫ 古賀市の老人施設にトイレつまり作業に伺ってきました。 ≫

古賀市の老人施設にトイレつまり作業に伺ってきました。

1
古賀市の老人施設は以前にもトイレつまり作業でお伺いしたお客様です。
前回のご依頼は高圧ポンプでのトイレつまり作業でしたが、今回はどうも状況が違うようです。

古賀市のトイレつまり・水漏れ修理専用ページ

現地にお伺いすると担当の男性が「職員でスポスポやったんですがどうしてもつまりが抜けないんですー配管まで詰まっているかもしれません」

この様な感じでお出迎え下さいました。

今回のトイレつまりはご入居の方のトイレです。

ご入居様は丁度お食事でいらっしゃいません。職員の方が案内してくれてトイレつまりを起している所にご案内して下さいました。

”ふむふむ”では一旦便器を外してみましょう!この様なご提案させて頂きました。
 

老人施設では尿漏れパットがトイレつまりの原因No1

ご高齢の方のいらっしゃる住宅や施設では圧倒的に”尿漏れパット”を誤って流されているケースが多いです。
今回のケースもそうなのですが、特に認知が出てらっしゃるご高齢の方は、やはりご自身で”そのようなモノを流した”認識はありません。

実際に便器を外すと尿漏れパットが水で膨張した状態で出てきました。

職員の方が入居者様に「〇〇さん。。尿漏れパットとかトイレに流しました・・・?」とお聞きすると

「ウチはそんなモン流しちょらん!」と強めの口調でおっしゃってました。ご本人はご認識がないのです。。

職員の方も「そうですよね。。大丈夫です。。トイレ使える様になりましたよ」と優しく対応されていました。
 

尿漏れパットを流さない対応策

そのような事は出来ますか?と職員の方から聞かれました。。。。

「う~ん。どうでしょうね~気を付けて頂くしか・・・」

<それが出来ないから聞いているんですけど>と思われただろうな~と自責の念に駆られ現地を後にしました!

何か策がないか考えます!

ご利用ありがとうございました。
 
2019年06月02日 11:29

サイドメニュー

ブログカテゴリ

モバイルサイト

あんしん水道サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら