福岡県(福岡市・北九州市)のトイレつまり・水漏れ修理は低価格|水道屋 あんしん水道サービス|

年中無休で福岡県の水まわりお困りごとサービスを行っています。迅速で丁寧な作業を行います

HOMEブログ ≫ 春日市の2階トイレつまりのご依頼は高圧洗浄作業で完了! ≫

春日市の2階トイレつまりのご依頼は高圧洗浄作業で完了!

1
春日市で以前下水つまりの作業を行ったお客様からリピートで2階のトイレが流れないとのご依頼が入りました。
私「あ~以前はありがとうございました。その後、下水の流れは問題ないですか~?」
お客様「下水は問題なく使えていますよ。ただ今度は2階のトイレがつまってしまって・・・自分で”パカパカ”でやってみたんですけどダメでした。」

そういう会話をしながら問題の2階トイレに到着。”パカパカ”の正体はラバーカップと判明。笑
「あら~ラバーカップでやってもダメでしたか~」そう言うと
「いや、やり方が悪いんだと思うんです。。プロの方がやったら詰まりも抜けるんじゃないかと思います」

流石にお客様のラバーカップを使用する訳にもいかず高圧ポンプで作業を行う事に。

春日市のトイレつまり・水漏れ修理専用ページ

トイレつまりの原因は排水管の中!

ラバーカップで作業を行う前にちょっと気になる事を発見。こちらのお客様のおトイレは床上排水になっています。
床上排水とは床の下から排水管が立ち上がっているのではなく、壁に向かって排水管が走っている構造のトイレです。

壁の中に入った排水管はそのままエルボ(L)の接手等で下に流れるのですが、基本的に床上排水のトイレつまりで便器の中で汚物や紙が詰まる事はあまりありません。
何度か高圧ポンプで圧力をかけてトイレつまり抜き作業を行いましたが案の定全然抜けません。

「お客様、恐らく排水管でつまっていますね。1階のマスを確認してもよいですか?」

と言う事で1階で2階のトイレと接続されているであろうマスを特定しました。

丁度、お隣のおじいちゃんが現れて、「なんか上で作業してて時に床の下で”ガボンガボン!音がしよったよ!」と教えてくれました。

2階のトイレ排水の構造は、まず壁に入り、エルボで真下に落ちて1階の床下部分を通って、私が確認しているマスを通過し下水に突入するのだと仮説をたてました。

排水のつまり除去を行う場合は目に見えない(埋設されている)排水管がどの様に宅内を通って下水まで行くのか”想像”する事が重要です。

その仮説で今回のトラブルを解決する方法は、私が立っているマスから、床下に向かって高圧洗浄機をかける事が最もベストな方法だとお客様に提案し了承を頂きました。
 

高圧洗浄機作業は1時間に及びました!

車両に搭載している高圧洗浄機を準備していざ作業。
この様な現場は何度も経験したことがあるので、作業自体はせいぜいかかっても15分~30分程度。。
作業を進めている内に「手ごわいな~」と苦戦し始めたのを感じました。

これは長期戦になると覚悟し高圧洗浄機の他にもトーラーと言うワイヤーの機械も導入し詰まりと格闘を続けました。

イメージとしてはトイレの排水管の壁中たて管が”ぎっしり”詰まっている印象です。マスの方から洗管ホースを入れてたて管の立ち上がりエルボ辺りで洗管ホースが入らなくなります。

細切れのトイレットペーパーや汚水は出て来るのですが”本丸”はまだまだです。

1時間程悪戦苦闘した結果、”どどどどど~”とトイレットペーパーの塊や汚水(汚物)が一気に流れて来ました。

勝負あり!の瞬間です。「よし、今日もつまりをやっつけた!」と気分が良くなるひと時でした。

最後は2階から再度ペーパーを流し、マスまで来ているかチェック。片付け作業を終え現場を後にしました。

ご利用ありがとうございました!


 


 

2020年07月03日 12:14

サイドメニュー

ブログカテゴリ

モバイルサイト

あんしん水道サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら