福岡県(福岡市・北九州市)のトイレつまり・水漏れ修理は低価格|水道屋 あんしん水道サービス|

年中無休で福岡県の水まわりお困りごとサービスを行っています。迅速で丁寧な作業を行います

HOMEブログ ≫ 久留米市で浴室排水管のつまり修理に伺いました。18,0... ≫

久留米市で浴室排水管のつまり修理に伺いました。18,000円でトラブル解消です!

1
久留米市のお客様より、浴室の排水管がつまったので見て欲しいと言うご相談が入りました。
身体に障害があるお子様がいらっしゃってヘルパーさんに入浴をお願いしているらいしいのですが
ヘルパーさんが誤って雑巾を排水管に詰まらせてしまったと言う事です。

私が最初にその話をお聞きした時に頭の中が”はてなマーク??”になりました。

雑巾をつまらせたってどう言うシチュエーションなんだろうと・・・。
現場に伺って「なるほど!そういう感じね!」と状況確認が出来ました。

久留米市のトイレつまり・水漏れ修理専用ページ

排水管に雑巾が流れた原因とは、排水管の蓋がなかった事が原因です。ユニットバスではなく在来工法の浴室は体を洗うスペース(洗い場)の中央付近に排水口がありありと露出している事があります。
その排水口には”目皿”と言う蓋がついていて湯水は流れる様になっていますが、大きなもの(石鹸や大量の髪の毛、歯ブラシや、髭剃り等)はその目皿でストップされる構造になっています。

久留米市のこちらのお客様邸では、その目皿が無く、排水口が完全に無防備な状態です。この状態では確かに雑巾も流れていくな~と納得。
「これはマズイですね~」とお客様とヘルパーさんにお伝えし、つまり除去のあかつきには目皿も取付けて下さいとご依頼がありました。
もっとも目皿はホームセンターやネットでも売っていますのでそちらで購入された方がお安い事もご案内差し上げました。兎にも角にも浴室の排水つまりを除去する為に作業をスタートしました。

 

排水つまり修理の方法

排水管つまりの修理方法は主に、スパット・ドレンクリーナー・高圧洗浄機、このいづれかの作業で解消する事が一般的です。

スパット・・・空気圧を筒に貯めて一気に放出する事により、つまりの原因を分解または押し出す器具です。

ドレンクリーナー・・・・先端にひっかかり部品が取り付けられたワイヤーを手動もしくは電気で回転させる事により、つまりの原因を絡み取ります。
回転しているので一見自動で挿入されて行っているように見えますが、実際は手動でワイヤーを排水管に入れています。器具にもよりますが5~10m程の長さがあります。

高圧洗浄機・・・・電気の物とガソリンで動くものがあります。圧力で水を噴射させます。高圧洗浄機は汚れを落とす用途でも使用されますが、水道業者が使う高圧洗浄機は
洗管ホースと言う排水管の中を洗浄するホースをセットし使用します。ホースの先端に穴が空いていますが、その穴は手元に向かって開いていますので、逆噴射する事になり、洗管ホースは
ひとりでに排水管の中に入って行く仕組みです。

水道屋はこの様な器具を使用して排水管のつまり修理を行いますが、今回は雑巾が排水管の中にあると言う事ですので、ドレンクリーナーをセレクトし作業を行いました。
 

排水つまりは15分で直りました。

ドレンクリーナーを使用するのは意外とリスクが伴います。今回は戸建て住宅(在来工法)なので比較的作業が行い易いのですが、マンション等のユニットバスでドレンクリーナーを使う場合は
排水管が何度も曲がっているので、ワイヤーが抜けなくなる事があります。
在来工法と言っても油断せずに慎重にワイヤーを進めて行きました。

排水管が曲がっている感触は感覚的にわかるものですが、2回曲がった感覚があるとそれ以上は挿入する事が難しいです。(ワイヤーが抜けなくなる可能性があります)
こちらのお客様では1回曲がった感触があり、早く雑巾にたどり着かないかと思い作業を進めていると”ガクン”と何かが絡まった感触。

魚釣りは子供の時にした以来おこなっていませんが、魚が釣れた感触にどことなく似ているかもしれません。

「かかった!」と思いさらに慎重にワイヤーを戻して行くとドレンクリーナーの先端に雑巾1枚釣り上げる事ができました!

時間にして約15分でトラブル解消です。
 

 

つまり除去の確認

最初は洗い場に水を流すと排水口から水が逆流して来ましたが、雑巾を取り上げて再度確認すると、水もスムーズに流れています。
やはり雑巾が原因のつまりと言う事で間違いありませんでした。

最終的な確認を終え目皿を取付し現場を後にしました。ご利用ありがとうございました!
2020年07月16日 17:27

サイドメニュー

ブログカテゴリ

モバイルサイト

あんしん水道サービススマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら